ハンバーガーブログ

ご当地バーガー全国2位!BONESの阿摩和利バーガーを食べてきた

こんにちはケイシー(@kc_8o8)です。

 

今回は沖縄県うるま市にあるハンバーガーショップ、BONESさんで全国2位になったご当地バーガー《阿摩和利(あまわり)》を食べてきました。

ご当地バーガーとは?

 

その土地土地の名産品や、特色を生かしたハンバーガーの事をご当地バーガーと呼びます。

長崎県佐世保市のご当地バーガーである”佐世保バーガー”などが有名ですよね。

 

 

ご当地バーガーの日本一を決める祭典がとっとりバーガーフェスタ。

そして、そのとっとりバーガーフェスタ2017で見事2位に輝いたのが阿摩和利(あまわり)バーガーなのです!

 

とっとりバーガーフェスタとは、鳥取県西部の大山周辺の伯耆町、大山町、江府町と鳥取県の共催で、2009年より開催されている日本最大規模のご当地バーガーの祭典である。
引用:Wikipedia

 

 

 

ケイシー

これは是非、食べてみたいですな

 

ということでうるま市に行って参りました。

 

 

 

お店はどんな感じ?

まず最初に駐車場が広い!

余裕を持って車をとめることができます。

 

 

なんと駐車場にちょっとした池まであります。

 

 

 

お洒落な外装に、陽気な音楽。雰囲気もgood!!


さあ、それでは中に入ってみましょう。

 

 

 

こちらが店内の様子

 

店内も駐車場に負けず劣らず広い。

 

机自体も大きいのですが、机と机との間も充分すぎるスペースがあります。隣の会話が聞こえないくらいなのです。

 

もう少し詰めれば、もっとお客さんが入るのでは?と余計なことを思ってしまうぐらい広々としていました。

 

 

天井も高く、とてもゆったりとした店内。

待ち時間もとてもリラックスして過ごせました。

赤いハンバーガー、阿摩和利

 

どーん!!

これがご当地バーガー全国で2位の阿摩和利(あまわり)バーガーです!

 

ケイシー

あっ…赤い!?

 

 

 

キャロットアイランドと呼ばれる津堅島の”津堅にんじん”パウダーで、綺麗な赤いバンズができるのです。

糖度が高い”津堅にんじん”ですので、バンズはほのかに甘くなっています。

フワフワではなく、少し硬めのバンズは存在感抜群!

そしてこのお肉!!!

ハンバーガー=牛肉のイメージが強いですが、豚肉なんです!

沖縄と言えば豚肉、ご当地バーガーの阿摩和利は地元の食材をふんだんに使っているんですね!

 

 

パティではなく肉厚の豚肉を何枚も重ねており、勝連城址の城壁を表現しているそうです。

 

こんな感じ↓

 

 

食べているうちにお肉が溢れ落ちちゃうほどボリューミーでした。

 

甘辛なソースも濃厚です。

箸休めのピクルスも絶妙。

見た目も味も

期待をはるかに超えていきました。

阿摩和利(あまわり)バーガー、美味しかったです。

 

 

ちなみに他のメニューはこんな感じです。

 

スペシャルバーガー 1500円

チーズバーガー 1200円

スモークチキンバーガー 1200円

そして、お目当の阿摩和利バーガーは1000円

 

この値段はドリンク、ポテトも含まれてのお値段になります。

 

 

BBQプレートは今回、食べていないので(お腹いっぱいになったので)

また今度食べに行こうと思います。

 

 

 

自家製のジンジャーエール

 

 

こちらは一緒に行った弟が頼んだチーズバーガー。

 

ケイシー

チーズバーガーも美味そう…あれ?そのドリンクは何?

 

弟は少し変わった飲み物を注文していたのです。

なんとこれは

自家製のジンジャーエール!

 

ケイシー

阿摩和利のことで頭がいっぱいで気がつかなかったあああ

 

一口もらいましたが

強すぎない生姜に爽やかな炭酸。

甘くないのですが、付いてきたシロップで自分好みに調整できます。

ぜひ、BONESさんに行かれる際には自家製のジンジャーエールも一緒にいかがでしょうか?

 

 

アクセス

BONES

沖縄県うるま市石川伊波1515-32

098-965-7517

営業時間

月~金  11:00~15:00、17:30~22:00

土日 11:00~22:00

定休日 水曜

 

 

ABOUT ME
ケイシー
沖縄在住の27歳、派遣社員。やりたいことはいっぱい、収入はちょびっと。 好奇心旺盛なインドア派
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。