ハローワークで失業保険の仮申請(仮手続き)をしてきた

失業保険では仮申請というものができることはご存知でしょうか?

 

失業保険とは”雇用保険の失業手当”のことで

仕事を退職してから次の仕事に就くまでの収入が無い期間に、失業手当が国から支給されます。

 

この失業手当をもらうためにはハローワークで申請しないといけないのですが、その必要書類の中に離職票というものがあります。

 

離職票とは、雇用保険の失業給付(基本手当)を受給するときに必要な書類で、退職後10日前後までに、退職した会社から渡されるものです。
引用:はじめてハローワークを利用する方のための情報サイト「ハローワーク利用案内」

 

 

この離職票、退職後に会社からなかなか送られて来ないという話をよく聞きます。

ケイシー
うーん…困ったなあ。離職票が届かないと申請ができないや

 

と困ってしまう方も多いことでしょう。

しかし、離職票が手元になくても失業保険の(仮)の申請ができることもあるのです。

 

 

 

MIIDAS(ミイダス)探す転職から探される転職へ!



 

 

沖縄で失業保険の仮申請はできるのか?

 

 

じつはこの仮申請、できる地域とできない地域があるようなのです。

 

 

実際に失業保険の申請をしている方のブログを拝見していると

『まずは会社に離職票を送ってもらえないか相談して下さい。それで難しいようであれば仮手続きをします』と言われた方。

一方で『離職票が無いと手続きはできません。離職票が届いてからまた来てください』と仮申請を断られている方もいました。

 

色々なブログを読んでいると、自分は仮申請ができるのか?できないのか?

心配になってきますよね。

 

 

結論から言うと沖縄(那覇)のハローワークで、失業保険の仮申請はできました!

※2018年7月

 

ということで、次はその仮申請の流れや、必要な書類などについて書いていこうと思います。

 

 

失業保険の仮申請に必要な書類

 

通常、失業保険を申請するにあたり必要な書類がいくつかあります。

・住民票や運転免許証などの身分証明書

・通帳、キャッシュカード

・写真(たて3㎝×よこ2.5㎝)

・個人番号確認書類(マイナンバーカードや通知カードなど)

・離職票1、2

などがそうです。

 

 

ただ今回は、離職票が届く前にする仮申請です。

仮申請だとどのような書類が必要なのでしょうか?

 

ずばり、

退職証明書雇用保険喪失確認書です。

 

ケイシー
え?それだけ?

 

住民票や運転免許証のような身分証明書は必要でしたが、用意しておく書類はこれだけで済みました。

 

離職票が届いたら、残りの

・通帳、キャッシュカード

・写真(たて3㎝×よこ2.5㎝)

・個人番号確認書類(マイナンバーカードや通知カードなど)

も一緒に持ってきてね!といった感じでした。

 

 

私は退職証明書も雇用保険喪失確認書も用意していませんでした。

 

その日のうちに、会社に電話をして退職証明書を送ってもらうようにお願いすると、4日後にはもう家に届いていました。

離職票と違ってすぐに発行できるようです。

 

退職証明書をハローワークに持って行くと、無事に仮手続きをする事ができました。

 

 

しかし、これは沖縄(那覇)のハローワークでの話なので、地域によって必要な書類も違うこともあるかと思います。

ハローワークにいく前に失業保険の仮手続きについて色々調べましたが、《退職証明書》《雇用保険喪失確認書》といった名前の書類は全く出てきませんでした。

まずはハローワークに行って、話を聞いてみるこれが一番大事です。

 

 

 

離職票が届くまで、どれくらいかかったのか?

 

離職票は本来なら、退職して10日〜2週間ほどで届くはずです

(退職者が希望したら会社は発行しないといけない)

 

しかし、退職から2週間経っても届かなかったので、電話で確認したところ。

 

「ケイシーさんは6月下旬に辞めましたよね?ですと、7月分の給料(最後の給料)が出てからハローワークに交付手続きをして、それからの送付になるので…7月下旬くらいですかね」

 

と言われました。

ケイシー
え?離職票がもらえるのは退職してから10日じゃないの?

なんと最後の給料が出てから手続きを始めると言うのです。

給料日は翌月の15日…

 

 

実際に離職票が届いたのは言われたとおり7月下旬…会社を辞めてから1ヶ月経った頃だったのです。

 

 

早めにハローワークで相談したほうが良い

 

私は失業保険の仮申請をしたことにより

 

離職票が届いてから申請するよりも、10日も早く申請する事ができました。

つまり、失業給付をもらえるのも10日早くなります。

 

 

しかし、僕がもっと早めにハローワークに相談に行って、もっと早めに会社に退職証明書をもらっていたら…さらに8日早く申請できました。つまり

 

離職票が届くのを待つよりも、18日以上早く失業保険の仮申請ができたのです。

 

早く動くことによって、給付がもらえる日にちにこんなにも差が出ます。

 

 

僕は《仮手続き》というものができると聞いたことがあったので、スムーズに手続きができるように事前に色々調べて動きました。

ですが、結果をみると最短での手続きよりも8日遅くなりました。

 

 

すぐにでもハローワークに行って話を聞いていればまた結果は違ったかもしれません。

インターネットで調べればすぐに情報が出てきます。

 

しかし、地域で違うのか?申請する時期の問題なのか?情報が微妙に違っていたりします。

ですのでまずは、早めにハローワークで相談をすることをオススメします。

 

失業保険は早くもらえたほうが助かりますもんね。

 

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!



沖縄在住の27歳、派遣社員。やりたいことはいっぱい、収入はちょびっと。 好奇心旺盛なインドア派

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。